"一生懸命”ニーバーオフィス

メールでのお問い合わせはこちら


ニーバーオフィスの公式ブログ。

朝日新聞の記事。

朝日新聞の夕刊に大きく取り上げられました【↑クリック】

講演を行いました。

代表 西山が講演を行いました【↑クリック】

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

冬のまにまに公開したお役立ち情報

投稿日:2021年1月31日

 

田中投手が日本に復帰をして、プロ野球がまた楽しみになりました。

個人的には、2年契約を終えてさらにパワーアップしてからまたMLBに行ってほしいかなと思っています。

それにしても楽天、あなどれん戦力になってきた。(阪神からの目線で)

 

 

さて、本日は1月31日。愛妻の日です。

各種のお役立ち情報をアップしていますので、ご案内いたします。

 

レンタルのロームの担当者ブログ

レンタル業務の担当者ブログです。

メインサイトと比べて、ちょっとライト目な内容を記載しています。

 

 

職務経歴書での伝え方~職務要約なら誰も読まない~

転職活動の際の職務経歴書の書き方のお話です。

われわれの共通認識としてある「あの」書き方どうなって今の形になったんでしょうね。

情報が多いようで少ないなあと思う職務経歴書を、当社が飛躍的にいいものにしようと思ってサービスを提供しています。

 

 

源泉徴収を知らない大学の経理部門

これはまあ、たいしたものではありません(笑)

経理を知らない大学の経理担当者からとんちんかんな電話が来るという、年度末名物のお話です。

 

 

報告書の作成 リスクの観点が大切

報告書の書き方の内容です。合理的でないのが人ですがビジネスシーンでは合理的に考えたほうがよいよね、という観点から書いたものです。

 

 

卒業式 PTA会長の挨拶 コロナ【考】

卒業式の祝辞のこと。今年の卒業式もどうしてもコロナがつきまといますが、あんまりコロナコロナと言うのもなあ、子ども達は大人ほどネガティブではないのでは、というお話です。

 

 

婚姻要件具備証明書の翻訳と申述書

具備は「ぐび」と読みます。ビールをグビグビのぐびです。

この書類は、簡単に言うと独身証明書のことで、結婚するとき、自身が独身であることを証明するためのものです。

依頼者様が外国人と結婚するとき、結婚相手の国で婚姻要件具備証明書を取得し、それを和訳して日本の地方自治体に提出します。

ちなみに申述書は、国によっては婚姻要件具備証明書が存在しない(発行されない)ため、その代わりの書類を準備し、「婚姻要件具備証明書が存在しないので代わりの書類ですよ」として一緒に提出する書類です。

 

 

逐語録、コード化・カテゴリ化

質的研究のサポートサービスです。サンプルをアップしました。

 

 

よろしければご覧ください。

 

カテゴリー:新着情報

看護の質的研究とELANを使った言語学研究と

投稿日:2021年1月26日

 

当社の議事録作成業務は、どんどこ深化しております、はい。

 

一つは、看護研究のための質的研究のご助力です。

コード化、カテゴリ化

 

看護の研究領域でよく用いられる研究用の材料の作成です。

 

 

もう一つは、言語学の研究領域です。

ELAN 言語学

 

言語学(と言ってもとても広いですが)に携わっていらっしゃる研究者の方が用いる研究用の材料の作成です。

 

 

どちらも研究のための素材を完成させるまでに緻密な作業と膨大な時間を要します。それを当社がすべて引き受けて、研究者の方には研究に集中していただこうという、とってもアカデミック・フレンドリーなサービスです。

 

まだ少し体系立っていない部分もありますので、ちょっとずつサービスを改善していく予定です。

 

研究者の皆様、お楽しみに!

 

 

 

 

カテゴリー:新着情報

昇格論文のこと、ぐいぐいアップ!

投稿日:2021年1月3日

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、新年のご挨拶もそこそこに、昨年末から昇格論文のこと、ぐいぐいアップしています。

 

物流 昇格論文の切り口

物流会社でお仕事をしている方向けの、いわば論文のネタです。

当社の経験を元にしています。

マンパワー仕事のよくあることで、仕組みの改善が必要だねというお話です。

 

まあしかし、1のほうは、お客側としてはかなり困りますね。

当社の女子2名の反応は「その日に着くって約束したのだから、着かきゃいけないじゃない。料金取ってんだから」というとてもシビアな見方でした(笑)

この種のことってしゃあないなあと思う反面、担当者に聞いたら「全国的に結構発生している」と、珍しいエラー出ないことを言っていたので、これって早々に改善したほうがいいんじゃないのと思いました。

 

昇格論文 タイトルは「先決め」か「あと決め」か

大学院で修士論文を書いた人なら難しく感じないことですが、そうでない方にはたしかに難しいと思います。

この話のオチとしては、タイトルって論文の中身のスーパーウルトラ要約なので、中身をしっかり作らないとタイトル決めも難しくなる。結局中身が大事だよね、としています。

 

昇格論文は起承転結ではなく(重要)

論文構成を起承転結に求める人ってホントにいるのかな、いるとしたら、その人って論文を書くこと自体なかなか難しいんじゃないかなと思いながら書いたものです。

 

たぶん、構成を悩んでいる方って、構成の取り方に悩んでいるのではなくて内容について悩んでいるように思いますので(無意識に)、構成はあまり意識せずに、タイトルの話にも出しましたが、中身に注力したほうがいいのではないかなと思います。

 

全然関係ない話ですが、この記事を作るにあたって起承転結をしっかりと理解しようと思い、インターネットで調べていたところ、案の定、一次情報がどれか分からないコピペサイトばかり見つかりましたが(しょうもない)、言語学の大学の先生が書いたレポートに当たりまして、そのレポートで起承転結の構成をボッコボコに言っていたのが興味深かったです。なんか嫌なことでもあったのかな(笑)

 

 

 

ご覧ください。

 

カテゴリー:新着情報

大阪に扇風機の風が吹き荒れる~レンタルのご案内~

投稿日:2020年12月14日

 
今、思いっきり真冬ですが、すでに来夏の準備をしています。

 
ニーバーオフィスには大阪事務所がありまして、と言ってもシェアオフィスですので営業拠点と言ったほうが適切かもしれません。

 
今、その大阪事務所のウェブサイトを充実させており、その一環で、扇風機のレンタルのページを増強いたしました。

 
扇風機レンタル 大阪

 
 
どこを増強したかと言いますと、このページの下部にありますレンタル期間とご利用料金の箇所です。

 
料金を見直し、よりご利用いただきやすくしました。

 
 
今は気温が低い時期で扇風機を見ても実感がわきませんが、6月くらいになりますと、きっとのどから風が出るくらい「ほしい!」と思っていただけるはずです☆

 
 
来夏、皆様からのご依頼を楽しみにお待ちしています。

カテゴリー:新着情報

昇格論文の作成やってます。

投稿日:2020年11月3日

 
本日は11月3日。

ねずこの竹がサトウキビだったら飽きが来なくていいのにと考えていたら、このブログの更新が空いてしまいました((+_+))

 
 
さて、今回は昇格論文の原稿作成のご案内です。

 
昇格論文の代筆サービス

アッパーポジションの方向けのビジネス原稿周りのサービスです。

 
 
お客様のリアルな声が書かれたのはこちらです。
 
 
昇格論文の代筆 打ち合わせで思うところ
なかなか示唆に富んでいます。なるほどなあと思いますね、仕事ができる人の発想です。

時間と、体力と知力の消耗を考えると得策かもしれません。いっぽうで、みっちり自分で作るのも、それはそれで面白いですしね。

ちなみに私は、慌ててなかったら電車でゆっくり行く牧歌型です。

 
 
あとはこの内容です。
 
 

昇格試験 断る。。。終わった。。。
これは、昇格試験のことをいろいろ調べている中で分かったのですが、ネガティブな理由で昇進を断る人・嫌がる人が世の中には結構いるようです。
 
ご事情があるのだったらやむを得ないと思いますが、理由が理由だけに「それじゃあなあ」と思うわけです。いっちょ気合入れて昇進したほうがいいというか、そうじゃないと、それってもうその勤め先で芽がないんじゃないのかなと思ってしまいます。
 
この種の発想の人って、そもそも勤め先からホントに求められてるのかなということも疑問です。あっさり代わりが見つかるポジションではないかと。

 

今はコロナの状況下ですので、転職はとてもリスキーです。今いる会社で昇進したほうが、(今のところは)正しい選択ではないかなと思います。

 
 
昇格論文の代筆サービス

カテゴリー:新着情報

ちょっと面白い試み、ミライシリーズ

投稿日:2020年7月20日

 

面白い試みを始めました。

 

その名もミライシリーズ。

 

たとえば、高校生の男の子が東京の大学に合格し、春から一人暮らしをして通うことになりました。

もうバラ色のキャンパスライフが楽しみで楽しみで、ワクワクドキドキ。

 

事業も一緒で、都内に事業所を構えることになり、バラ色のビジネスライフが楽しみで楽しみで、ワクワクドキドキ。

 

そんなワクワクドキドキを先に感じたいねーと思い、興味深いことをしようと思いました。

未来の事業所用のウェブです。

 

今は事業所はないけれど、開設した時にウェブとすぐ連動できるように先にウェブを運営する。

 

 

まっ要はフライングなのですが、カッコよく言えば、未来の一部を現在に持ってきました、ということですよ。

 

これから、いろんな内容をアップしていきます。よろしければご覧ください。

 

トーキョー・タイピング

 

FUTURE NAGOYA

 

カテゴリー:新着情報

来ました!小学校受験 願書の塾のまゆつば添削!

投稿日:2020年7月8日

 
作り手側としての「小学校受験の願書あるある」です。

 
依頼者様にお喜びいただき、もちろん当社もバッチリ手ごたえがある会心の出来で、「さあ小学校の受験担当者さん、この表現に驚き感動してください」なんて思うわけですが、たまに、そこに至るまでに塾の先生の意向が働くときがあるんです。

 
つまり、依頼者様はお受験の塾に通っていらっしゃって、願書の内容を塾の先生にお見せになるわけですね。
 
そして先生は添削をして、という流れをとるわけですが、本日、「先生から大幅変更を言われたんです」とご連絡をいただきました。

 
依頼者様から塾の先生がおっしゃっていたことをうかがいますと、

要は、

「もっと簡単な内容にしましょう。」

ということでしたので、今週、もっと平易な内容・表現にして、再度依頼者様にお送りする予定です。

 
 
本題はここからです。

 
たまにこの手のお話をいただくのですが、塾の先生の添削が入ると、誰でも言いそうなことだけで構成された内容になるんです。また、表現も平易になりますので、ものすごーく原稿がパワーダウンして、「本当にこれでいいのかな」と思ってしまいます。

 
 
これは自慢ではないのですが、自慢ですが、
 
塾の意向で大幅に願書の記載内容を変更するとき、依頼者様からは、

 
「私、ニーバーオフィスさんに作っていただいたもののほうが、いいと思うんですけど」

 
というリアクションをいただきます。えっへんおっほん。

 
 
塾の先生は業務柄、「合格のためにはこう書けばいい」という視点で添削をしてくれていると思うんです。

単にぱっと見たときの気分だけで言ってない?と思うこともありますが(笑)
 
 
しかし、オリジナリティのない内容がはたして良いものかどうか、ちょっと心配になります。
 
もっと言うと、合格するための規則性が仮にあったとして、それは明らかにできるものなのだろうか、稚拙な内容は論外としても内容・表現の仕方で本当に合否に影響があるかなど、当社は受験のプロフェッショナルではないものの、どうだろうなあと感じます。
 
 
受験を控えている保護者様におかれましては、このことをちょっとだけ覚えておいていただきますと、紋切り型の受験活動にならなくていいのかなあと思います。

 
 
小学校受験 願書の例文

カテゴリー:茶飲み話

大雨の日の段ボールは、湿る。。。

投稿日:2020年7月6日

雨の日もレンタルしてます。
 
昨日から全国各地が非常に強い雨風に見舞われています。

弊社がある和歌山も多分に漏れず、すごいお天気が現在も続いています。

 
このあと、どうやって帰ったらいいのかと、ちょっとためらっていますが、

それよりも何よりも、こんな日の発送はどうしても段ボールが湿ってしまいます。。。それがすごく気になります。
 
もちろん、しっかりと梱包していますので、中身は何も問題がないのですが、段ボールが湿るのはなんとなくカッコよさに欠けるなあと、少し対応をしていかないといけないと思っています。

かといって、ビニールに包むのもビジュアル的にどうかと思いますし、、、考えどころです。

 
今日、集荷にしてくれたヤマト運輸さん、強い雨風の中を大切にトラックまで持っていってくれました。

早めの出荷でしたので、お送り先である都内に向けて出発するのは明日になるはず。
 
ちょっとでも乾いてくれてたらいいのになあと祈るばかりです。

雨の日もレンタルやってます。

レンタリズム レンタルのローム

カテゴリー:心組み

小学校受験は合格すればいいんです、たしかに。

投稿日:2020年7月4日

 
さて、7月に入りまして、そろそろ小学校受験のAO入試の準備を始める保護者様が増えてまいりました。
 
こないだ、今年1発目の打ち合わせを行いまして、自己推薦書の項目の作成をして、来週、完成した原稿をお送りする予定でいます。
まだ7月上旬ですので、AO入試と言ってもまだだいぶ早いのですが、まだこれは学校には提出せず、お受験の塾に提出するためのものなんですね。
 
お客様にお話をうかがったところ、受験については新型コロナウィルスの目に見える影響は受けていないそうで、今のところは予定通り行われるそうです。

 
さて、打ち合わせの中で、お客様が興味深いことをおっしゃっていて、当社としても「たしかにそのとおりだなあ」と思ったことをシェアしたいと思います。

 
「だって、合格すればいいですもんね」

そのお客様は、受験する小学校の理念に共感しているわけではなく、教育のカリキュラムに非常に賛同していらっしゃるご様子でした。

理念に共感しているわけではないと言っても、別に良くないと思っているわけではなく、とくに興味を示していらっしゃらないご様子で、それよりも、英語教育とプログラミングの教育に力を入れていることにその小学校の優位性を見出していらっしゃいました。
 
「別に学校の理念に合っていなくてもいいですよね、だって、互角すればいいですもんね」とは、お客様の言葉ですが、私としては、お客様のオブラートに包まないそのおっしゃり方にちょっと驚きつつも、「たしかにそのとおり」と非常に共感を覚えました。

 

合格しないと、その教育環境は手に入らない
 
「合格すればいい」ということに少し言葉を付け足すとすれば、「入学した後が大切」になるのかなと思います。

辛辣かもしれませんが、受験のために「頑張った」「一生懸命努力をした」からと言って、結局不合格であれば、すべては水泡に帰してしまうわけです。
 
もちろん、努力することの大変さとその後訪れるすがすがしさを6歳の時に感じられるという意味では、受験での頑張りの経験は、その子の将来にとって非常に意味のある経験です。
 
そのことはちょっと横に置いておいて、「高い水準の教育環境を手に入れる」という意味においては、合格しないといけないわけで、そこには努力の度合いは関係はなく、合格して入学して、その小学校に我が子が通う必要があります。
 
受験期間中、どうしても保護者様は気持ちが滅入ってくると言いますか、ヤキモキしてしまって、時に「頑張っているんだからいいか」という、ある種の納得感を得ることがありますが、ちょっと冷静になっていただいて、頑張ることを一義的にするのではなく、本来目標である「合格するために」ということに改めて焦点を当てていただければと思います。

 

そしてやっぱり「頑張った」は大切
 
他方、「頑張っているんだからいいか」という、ある種の納得感は、それはそれで非常に大切なものだと思います。
 
頑張った末に仮に不合格という結果が出たのなら、それは、力が足りていなかったのか、運が足りていなかったのか、あるいは保護者の職業が小学校のお眼鏡にかなわなかったのか、などなど、理由ははさておき、いずれにしても、不合格ということは、「我が子がその小学校に行く必要がないという結果」解釈ができると思います。「落ちた」のではなく「行く必要がないと分かった」という、とてもポジティブな解釈です。

で、このポジティブシンキングは、やっぱり最善の準備をしたからこそできるものですので、その意味では、「頑張った」と思えることは大切だと思います。
 
 
小学校に関わらず、受験・受検の類は、それでなくても心がザラザラになりますので、どうかポジティブシンキングができる環境をおつくり頂きたいなあと思いつつ、当社としてもそのための一翼を担わせていただくため、しっかりご準してお待ちしています。

 

小学校受験 願書の作成はこちらです。

カテゴリー:茶飲み話

レンタル周りのこと

投稿日:2020年4月29日

 

なんだか、とっても混乱中ですね。

そろそろマスターヨーダが出てきて、ポンと、何事もなくなった、みたいなふうにしてくれるといいのですが。

 

 

さて、そんなフォース頼みの毎日に、とてもホットなニュースです。(昭和)

 

レンタル周りがあったまってきています。

 

今回は、秋口(実際はコロナ明け)にオープン予定の2つのサービスです。

 

1つ目はチョコレートファウンテンのレンタルです。

 

チョコレートファウンテンのレンタル

 

ウェブサイトのデザインは、おそらくニーバーオフィス過去最高の出来です。

 

写真をぱっと見ていただいてお分かりのように、そうです、チョコがゆらゆら泉のごとく流れる、そして、イチゴにつけて食べる、マシュマロにつけて食べる、ビスケットにつけて食べるなどなど、お子さんと女性の夢と希望が詰まった、あのチョコレートファウンテンです。

 

 

そしてもう1つは、ポップコーンです。

 

ポップコーン レンタル

https://www.roumu-p.com/popcorn/

 

文化祭でも地域のお祭りでも定番のポップコーン。

 

こちらもわれながら、なかなか良いデザインに仕上がりました。

なんだか、われわれはデザインのレベルが一段上がった気がします。

 

中学や高校の生徒や大学のサークルからご依頼いただいたら、なんだか楽しいだろうなあと思っています。

 

 

どちらもまだ、サービスの細かなところは構築中で、そして味の部分ですね、お子さんと女性の「とってもおいしー!」を引き出すために、ワクワクしながら準備中です^^

 

今年の後半はたぶん、事務所内でチョコとポップコーンをとてもたくさん食べそうな予感がしています。

 

 

ご依頼第一号が、どんな属性・団体の方なのか、楽しみにしながら、引き続き準備を進めます。

 

 

May the Force be with you.

 

 

 

カテゴリー:茶飲み話



HOME | ニーバーオフィスの考え | 採用情報 | 教育関係者様へ | 会社概要 | お問い合わせ
 

作成のお問い合わせはこちら